釣り人はみんな友達

加藤誠司倶楽部

プロアングラー/ルアーデザイナー・加藤誠司のオフィシャルサイトです

HOME > BLOG > ご報告

気ままに綴るフォトブログ

最新の記事一覧はこちら

[2011-04-28]

ご報告

高知で練習

JBトップ50 早明浦戦に行ってきました。
水曜日の前夜祭の後、木曜日は早朝からタックルの準備をしてその後、高知へ足りない道具の買い出しとサイトフィッシングの練習へ。ロッド、ライン、リールのドラグテンションのバランスを本番前にもう一度確かめるのが目的です。 そのときに釣れたのがこの魚。3ポンドラインで余裕のランディングだったので、試合でサイトをする時は3ポンドラインをメインに使うことに決めました。

トップウェイトの魚

大会初日、上流のサイトフィッシングパターンを組んでいたので、迷わずに上流へ!釣り場に着くと、なんと泉プロしかいません。ってことは、釣れないってこと?
トップ50の試合の場合、人がいない=プラの時に釣れていなかった証拠です。 約1時間ほどを費やすもまったく魚は無反応でした。特に前日のオフリミットで濁りがとれたのか水の透明度が高いために、バスが浅いところに上がってきていない感じでした。そして刻々と時間が過ぎ、心が折れて下流に移動。 今から思えばこれが失敗でした。結局下流で1本釣って48位スタートとなりました。
二日目はプランを変更し、スタート直後は下流域でキーパーを狙い、風が吹く11時過ぎから上流に移動することで釣りをスタート。岬がらみで2バイト1フィッシュで上流へ向かうと、風と波で岸際は適度な濁りとなり、魚が見え隠れしています。そこでヘビテキとフットボールジグを組み合わせたリアクションサイトをすると、ナイスキーパーがヒットしてきて、なんとこの日のトップウエイトをたたき出しました。 二日目終わって結果待ち、なんとジャンプアップで15位まで挽回に成功しました。

結果待ち中

そして最終日、二日目と同じプランで釣りきって三日目は3位、総合9位となったのでした。 そして翌日月曜日は、Basserの取材で大渡ダムへ。火曜日はバスワールドの取材で正木ダムへと長〜い四国の旅を終えて滋賀へ戻ってきました。さらに昨日も今日も業界の会議です。

メンバーズページ準備中!

魚の釣り方講座(マニアック編)、非売品ルアーのご紹介や販売、メンバー参加型のイベント企画など、「ココだけ!」の情報満載のメンバーページ、ただいま準備中!!

CALENDER
2017年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ENTRY
MONTHLY
JACKALL LURE FREAK SIGHTMAGIC SHIMANO