釣り人はみんな友達

加藤誠司倶楽部

プロアングラー/ルアーデザイナー・加藤誠司のオフィシャルサイトです

HOME > BLOG > 2本のロッド

気ままに綴るフォトブログ

最新の記事一覧はこちら

[2011-03-31]

2本のロッド

2本のロッド

今日も夕方にクランクベイトのフィールドテストをしていました。 この何日間は、ボディーの大きさが60mmで潜行深度が1.5mのモデルをテストするのに2本のロッドを交互に使いながら釣りをしています。 一本はポイズングロリアス164ML、低弾性カーボンのカバークランキング向きのロッドです。もう一本はポイズングロリアス176Mでディープクランク用に開発されたロッドです。釣りに行っているのはアシの前のリップラップですが、あえて硬さとタッチの違うロッドを持って行きます。なぜ、この二本を使うのかというと、ルアーが販売された後に誰がどんなロッドでこのルアーを使うかわからないから、ロッドによってどれだけ使い心地や釣果が左右されるのかを知っておきたいからです。実際、同じクランクでも164Mでリトリーブするとルアーの振れ幅が大きくなり、引き心地は軽くなったような気がするし、176Mだとアクションがタイトで引き心地は重くなります。 私自身が、プロトタイプの内にタイプの違うロッドでキャストして、リトリーブして、魚を掛けてみれば、出来上がったルアーのポテンシャルを納得することができますからね。

メンバーズページ準備中!

魚の釣り方講座(マニアック編)、非売品ルアーのご紹介や販売、メンバー参加型のイベント企画など、「ココだけ!」の情報満載のメンバーページ、ただいま準備中!!

CALENDER
2017年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ENTRY
MONTHLY
JACKALL LURE FREAK SIGHTMAGIC SHIMANO